FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔の奥に

悩んでいます、つらいです。と 言わないまま、言えないまま
声をあげれないまま ひとり 静かに苦悩されたり
頑張り続けている方、その笑顔の奥で、
つぶれそうになっている方が存在しておられる、ということに専門職ですら、
目が向いていないことが多くあると思います。

対人援助職にある私のような者は そのつらさに気がつく繊細さが
重要だと考えています。
つらさを隠し、自分でもいつのまにか気づかず笑顔でごまかしておられる方・・

いいんですよ・声をあげてつらいんです。

愚痴っても 怒っても 涙流しても
ワンワン泣いても・・気持ちだして 
こころのトゲ一本づつぬいて

前に進もう!

こころのカウンセリング神戸

スポンサーサイト

LGBTの友人と私の出会い LGBTフレンドリーな相談室

先日来、話題になっているLGBTに関して 私の私的経験をお話させていただきたいと思います。
私は20年以上前から何人ものLGBTの友人がおります。初めて親友に告白された時は 
なんだかわけがわからなくて、悲しくなって後で
泣きました。食事をしていましたが 味もわからなくなったくらいショックだったのを覚えています。
告白された 後 友人に手紙を書いたことを覚えています。
なぜ悲しくなったか・・その時は友人の生きにくさを心配したからです。

そのうちに自然にその方の存在そのものが大事なのでLGBTであることはその方の個性と
自然に感じるようになりました。なんの境目もありません。

アメリカ在住のLGBTの知人は愛情を持って養子さんを迎え育てておられます。
私は素敵だな・・と思います。

親御さんに言えないと悩む方や うちの子のLGBTを辞めさせられないか? 
このような話しを伺ったことがあります。
悩みは多様です。

私は海外旅行に でかけますが、調べる中で本やパンフレットに
しばしばホテルやレストランににゲイフレンドリーなどという表記を見かけます。

わざわざ申しあげることでもないですが 私の相談室 もちろんLGBTフレンドリーである
ということを 今回の騒ぎもありましたので ちょっとお伝えさせていただきいておこうか・・と思いました。
いえいえ ALLフレンドリー、働く方の相談室ですが いろいろな方がきてくださり、生きて行く限り
ありえる悩み伺っております。
みなさんの応援を日々致しております。
こころのカウンセリング神戸







介護・家族 介護関係者のご相談増加

なぜか 先月から介護関連の方の 御相談をあいついで頂いております。
で、共通項 皆様 ご自分のがんばりに気がついておられず
まだ どこかで 頑張りが不足、私がやらなくては・・と 緊張でパンパン、
思っておられます。

私のところへおいで頂き 「我に返る」・・そんな印象です。

倒れないか心配です。介護は基本介護を必要な方を中心に考えられます。
当然といえば 当然なのですが
介護家族も 介護を仕事をする方にも  限界というものもございます。

人間です。こころがあります。でも介護は 感情労働といい 自分の感情を
抑えてすることが多くあります。それゆえ 疲れがどっと・・。心配です。

50歳代 60代のカウンセリング

このところ50歳~60代の方の御相談問い合わせが
増えつつあります。人生の転換期に向けて気持ちに揺れが
生じがちな時期です。これからの先の人生を進むため
気持ちの整理をすることでエネルギー補充ができます。
「私も相談に伺えますか?」
おたずねいただくことがあります。勤務していることだけが
働いているわけではありませんね。家族を支える主婦、子育てママ
皆さん それぞれに役割を働いておられのですよ。
ここが皆に忘れられています。 
こころのカウンセリング神戸

ブログを徐々に cocolocobe.comcocoloのカウンセリング神戸 内のブログのみにしていく予定です。
今までご覧頂きました方は HPをのぞいていただけますと嬉しいです。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

cocolokobe

Author:cocolokobe
けんめいに生きるあなたを応援します
豊富な社会経験
長い介護経験・臨床心理士・シニア産業カウンセラーです
産業医相談室室長
介護・がん・仕事の両立支援しています
こころのカウンセリング神戸

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。